スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懊悩と献身 ~山ぶき~ vol.1 

9月初旬。
例年になく、絡みつくような暑さがまだまだ続いていたこの時期、京田辺市に降り立つ。
前日までに国内最高気温を二日連続で記録していた、とんでもなく暑そうな地域だ。

しかしこの数日後、「国内最高」に疑念が持ち上がることとなる。温度計に絡まっていたツタが原因で、正確に計測できていなかったのではないかという。そして月末には、この「国内最高」は公式記録としては残らないことが決定した。
なるほど。私が訪問した日も、当然暑いには暑かったのだけど、それでも京都市内よりもまだマシだと感じられたわけだ。

近鉄 新田辺駅

それはさておき、この日の私にはさほど時間がなかった。この京田辺市のすぐ北の城陽市で、忙しくしていた。でもスケジュールの合間を縫うようにして、京田辺を訪れた。強引に作り出した時間は1時間半。半ば強行スケジュールというわけだ。
そしてこの日の私のモチベーションの全ては、いくつかの味も色気もないタスクを差し置いて、山ぶきに向いていた。
山ぶき。休日に自腹で出向くにはちょっと億劫だけど、諸々の事情に恵まれれば是非とも訪れたいと思っていた蕎麦屋である。

▼... Read more ≫
スポンサーサイト

爽やかにして鮮やか ~麺屋かんじん堂~vol.1 

JR京都駅。
左京区民であり、電車移動は京阪か阪急が主である私にはさほど縁のない駅である。
界隈の飲食店にはもっと縁がない。通勤客や観光客が多いこの界隈は、飲食物の質を上げることよりも量を捌くことを主とする店が多いのか、私と趣向が合わなかったりあまり興味すらそそられなかったりである。

とはいえ全くこの界隈に用向きがないという訳でもない故、自分にとってステディな店を持ちたいのも確か。
何年来かの小さな望みだ。
そしてこの日、そこに一筋の光を差し込む店と出会うこととなる。
麺屋かんじん堂
一度きりの体験で良かったはずのラーメン屋だ。

麺屋 かんじん堂 店前

▼... Read more ≫

夏はトマト、秋はどうする ~麺屋 こころ~ vol.1 



本当に残念ながら、この秋に店を畳まれました。

敢えていうまでもなく、この京都には日本中からの観光客ないし参拝客が来る。
世界各国からもやって来る。
桜の季節、祇園祭、五山の送り火、山村紅葉。
たくさんの人で溢れかえる時期ばかりである。

大文字山1

当然、有名なスポットも枚挙に暇が無い。

けれども、「宝ヶ池」といわれてピンと来る他府県の方々はそうはおられないだろう。
京都議定書が結ばれた国立京都国際会館に隣接する池だといわれ、初めて「ああ。聞いた覚えはある…かも」という方々も僅かにおられる程度だろうか。

宝ヶ池1 国立京都国際会館
(宝ヶ池)                          (国立京都国際会館)

そう。基本的には京都人、いや、左京区民が訪れることもあるといった程度の慎ましい場所なのである(かくいう私も、この地には少年時代のノスタルジーを喚起させられる)。

宝ヶ池の北側の東西に走る通りである宝ヶ池通りを途中で北上すると、この地に似合う慎ましいラーメン屋がある。
麺屋こころ

麺屋こころ 店前

今年2010年3月に開店したばかりの、新進気鋭にしてどこかひっそりとしたラーメン屋である。

▼... Read more ≫

実践の相 ~蕎麦工房 膳~ vol.1 


たとえば美味しい蕎麦を打つこと。素晴らしい蕎麦屋を営むこと。そこに不可欠なファクターがあるとすれば、何があるだろうか。

もちろんいくつも挙げられるのだろう。それどころか、もしかすると枚挙に暇が無い程に存在するかもしれない。でも次の3つは確実に存在している。

「感性(抽象性・イメージ)」
・「理性(ことばとその体系化)」
・「実践(具現化・具象化)」


この3つが三位一体となり、欠くことができないものとなっている。あれこれと感じたり考えたり、やってみたりしなければならない。というか単純な話、これらは我々が「簡単じゃない」「難しい」と見なす行為全般に貫徹されているファクターである。

blue_into_blue.jpg

興味深いことに、この京都で名高い手打ち蕎麦かね井蕎麦屋にこら蕎麦工房 膳は、見事なまでにその特色が異なる。各々が、上の三位一体モデルにおけるもっとも色濃い部分が異なっている。
かね井は感性的。フィーリングにもっとも重きを置いている。にこらは理性的。途中で感性と実践を経るにしろ、初めと終わりがことばや理論で成り立っている。
そして今回取り上げる膳は、何といっても「実践」の色が濃い。それも、かね井の感性色の濃さよりもにこらの理性色の濃さよりもずっと濃い。

今回はそんな、いかにも「実践的」な蕎麦屋の話である。

蕎麦工房 膳 案内板 -1

▼... Read more ≫

西陣の地で理論を紡ぐ蕎麦屋 ~蕎麦屋 にこら~ vol.1 


西陣。
正式な行政区分ではないが、京友禅と並ぶ京都の織物産業の一つである西陣織でその名を広く知られる地である。
京町屋と呼ばれる建築様式を持つ町屋もまた、新旧入り混じって多く現存している。

京町屋 お商売用2  京町屋 朱2

私としては、新しいというか商売仕様に改装されたり新築されたピカピカの町屋には関心が持てない。ある種の流行としての京町屋は、「京都らしさ」の過剰な演出があり、古きを装っているだけにしか見えない。
でも、「ただそこにあったし、今もそこにある」という佇まいを持つ本当に古い町屋を見て歩くのは一興だ。

見るものと住むものに間に立たされる昨今にあって、今は朽ち行く憂いを醸している数々の町屋は、死して葬られるものと死してモニュメント化されるものに隔てられる。
そんな運命を辿るのだろうか。

さて。
さほど広くはないこの西陣。しかし京都でも指折りの蕎麦屋が二軒ある。
一軒は手打ち蕎麦かね井
そしてもう一軒は、今回取り上げる蕎麦屋 にこらである。

蕎麦屋 にこら  店先

記憶が定かではないが、おそらく4度目の訪問だ。

▼... Read more ≫
| HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06« 2017/07 »08

プロフィール

京瑠璃

Author:京瑠璃
蕎麦、中華そば、側(そば。つまり私たちの身近にあるもの)等、ソバ全般に関して。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。