スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線香花火の儚さと強さ ~手打蕎麦 じゆうさん~ vol.1 


少し冷え込み始めた11月の半ば、所用があり東京へ。
降り立ったのは、JR東京駅である。

ホームの階段を降りて一つ目の改札へ。この辺りから、自分が動いているのではなく「動かされている」という感覚が強まり始める。関西でいえばJR京都駅や阪急梅田駅、神戸は三宮駅。そこで抱く感覚と同じである。
何せとてつもない数の通行人がバラバラのベクトルを持っていて、しかも足早に交差するのだ。
前後左右、斜め前方と後方、急ストップに急な方向転換。様々な運動体が入り乱れていく。

penguin.jpg

当然、私は「動かされている」ばかりではない。往々にして人は自分と人ごみを切り離した上でその不快感を語るが、自分も人ごみの一部である(あった)ことを忘れてはいけない。
この東京駅でもまた、私も人を「動かしている」ことを実感させられる。

閑話休題。
この東京駅では東京メトロに乗り換え、池袋駅で下車する。さらに池袋駅で西武電鉄の池袋線に乗り換える。そうして池袋駅から3駅目が、私が降りる東長崎駅だ。
「ふぅ。やっと着いたよ…」
知らない土地で人ごみとなり、知らない電車を何度か乗り換えたせいだろう。本来よりも長く時間がかかったように錯覚し、疲れを感じているのだ。
池袋駅界隈とは打って変わるこの駅界隈の庶民性も、目的地までの何でもない住宅街にさえもヒーリング効果があるように錯覚してしまう。なんと大袈裟な。

さて。駅からは10分か15分歩けば、手打蕎麦じゆうさんに到着する。
暗い。ある蕎麦の取り置きを電話でお願いしていたから良かったものの、もしそうしていなければ臨時休業かと心配になる暗さだ。

手打ち蕎麦 じゆうさん ファザード


▼... Read more ≫
スポンサーサイト
| HOME |

calendar

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

プロフィール

京瑠璃

Author:京瑠璃
蕎麦、中華そば、側(そば。つまり私たちの身近にあるもの)等、ソバ全般に関して。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。