スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の昼餐 ~玄~ vol.1 前編 

冬の平日。
昼前。
奈良町(ならまち)を歩く。
歴史風情を感じさせる町屋が軒を連ねている。
この一帯には良質な伏流水も流れているようで、かつては造り酒屋や醤油蔵も数多かったそうだ。
また、日本最古の瓦を有す世界遺産の元興寺もある。

元興寺1 元興寺2

こじんまりとしているが、それでもなかなか良い寺であった。

とはいえ町屋に関しては、京都の真ん中で生まれ育った私のようなものには、もしかするとさほど新鮮味を感じ得ないかもしれない。
幼少期から見慣れている光景の一にしか映らないのかもしれない。
しかし、京町屋との微々たる差異を肌で感じもする。
どこがどう違うのか、これを具体的には説明できない。
しかし、「ここはここで良い」。
そう感じさせる何かがある。

思いを馳せながら、町の空気感を存分に吸う。
少し澄んだ気持ちになりたかったのは、心身を次なる目的地でのある悦楽行為仕様にするためでもある。
と、そうしている内に到着したのは、観光スポットの一である今西家書院…ではなく、同じ敷地内だが裏手にある
少なくとも、その知名度においては奈良随一といえそうな蕎麦屋である。




色褪せて古びつつある表門は、時の流れが刻まれたノスタルジー模様。
命尽きゆくものの晩節の憂いがある。

玄 店先

玄関までの前庭もしかり。

玄 中庭

かの松任谷由美は、「最後の晩餐」として頂きたいものにこの蕎麦屋の「せいろそば」を挙げる。
しかし彼女が思い描くのは、蕎麦だけではないだろう。

玄関を開けると、訪れるものにそこが店であることを忘れさせてしまうような純和風の大座敷に通される。
冬の平日昼の一番乗りだったため、まだ他にお客さんはいない。
掛け軸、壷、皿、屏風。
和の装飾品や調度品が点在している。
玄 店内4 玄 店内3
玄 店内5 玄 店内6
玄 店内7 玄 お品書き


それは、「名士」なる人たちの邸宅の座敷のよう。

予約していたことを伝え、外が見える席に腰を落ち着ける。
窓の外には小庭。
北側にも南側にもある。
表門や前庭と同様に、どこか「ものの哀れ」を漂わせている。

玄 店内2

玄 店内1

時の流れが、いつしか歩を緩め始める。
いつの間にやら、深くて伸びやかな呼吸をさせられていることに気付かされる。
立派なお座敷もそこそこに、ほぼ全ての体感覚が窓の外に向けられる。

再び室内へと「戻ってこられた」のは、眼前に「そばがき」が供されたとき。
予約していた料理が供され始めた。


・ そばがき

殻が取り除かれた丸抜きの蕎麦掻。

玄 そばがき1

玄 そばがき2

粗く挽かれ、赤いへたがふんだんに含まれている。

湯気を立たせているこの蕎麦掻を頬張れば、蕎麦切りとは異なる無制限の風味が広がる。
甘く湿った吐息のような熱い香りが、甘く濃密な世界へと誘惑するように鼻腔を抜けていく。
私個人としては本来ならばもっと「シャリシャリ」とした食感のものを好むはずだが、それを忘れる程のものだ。

蕎麦切りの前に頂くものとしては、あまりにも絶品度が高いそばがき。
しかし真打ちが登場するのは、これからである。
「せいろそば」と「いなかそば」のことだ。

花番さんがこちらに向かってくるのが見え、胸が高まり始める。

(後編へ続く)

スポンサーサイト
最高の昼餐 ~玄~ vol.1 後編 | HOME | 蕎麦の評価スタンス

COMMENT

京瑠璃さん、こんばんは。

大阪に引っ越して来てから、もうすぐで2年になろうとしているのに、奈良には2度(2度とも「奈良公園・東大寺」で・・)しか行っていないです。
食べ物目的ではなく、観光目的では・・・ ^^:
コチラの素敵なお店を見て、「せっかくなんだから、奈良散策もしてみたいなぁ♪」と思いました。
お庭も素敵ですけど、お座敷の空間が・・・・なんだろ?
自分もその場所にいたくなるような感じ?

やっぱり「そばがき」も美味しそうだなぁ。 >_<
2010/03/15(月) 20:53:42 | URL | こま #JK/.nkhc [Edit]
こまさん こんばんは

>食べ物目的ではなく、観光目的では・・・ ^^:

駄目じゃないですか~、「観光」にはもっと力を入れて「食」も含まないと。
な~んて。

>コチラの素敵なお店を見て、「せっかくなんだから、奈良散策もしてみたいなぁ♪」と思いました。

奈良、良い感じですよね。
京都と違って、観光地としての整備がなされ過ぎていないところが気にいっています。
薬師寺と唐招提寺は、その一帯全てをいたく気に入りました。

>お庭も素敵ですけど、お座敷の空間が・・・・なんだろ?
自分もその場所にいたくなるような感じ?

フフフ。そうでしょう?
でも観光シーズンだと、わいわいがやがやと店内が「賑やか」になりそうではありますが。


いやぁ~。
しかしこまさんを慣れ親しんだ「こまさん」と呼べるのはやりやすいというか嬉しいですよ。
私の方は、名を新しくしちゃってごめんなさいです。
2010/03/15(月) 22:32:31 | URL | 京瑠璃 #3KrfhFaQ [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

京瑠璃

Author:京瑠璃
蕎麦、中華そば、側(そば。つまり私たちの身近にあるもの)等、ソバ全般に関して。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。